中古車買い取り査定額が上がるタイミングは?

査定額が上がるタイミング

時間とともに車買取の査定額は下がるというのが一般的ですが、
売るタイミングを見計らうことで査定額が急に高騰する時もあります。
愛車を高く売ることができるタイミングをここで紹介します。

 

買い取り業者の決算期

決算期は決められたターム内のノルマに追われる時期です。
車業界で言えばいくら売れたか、いくら買い取ったかが各営業マンに課せられたノルマで、
この時期にはそのノルマ達成のために必死なので、我々の要求が通りやすい時期でもあります。

 

決算期は大体3月末と9月末にあり、
どの中古車業者も「中古車買取強化月間」などと銘打ち、高額買取りに期待ができます。
なので決算期を意識するのはその一つ前の月位からですので、
車を売るのであれば2〜3月、8〜9月に買取査定をしてもらうと良いでしょう。

 

逆にその時期を狙って買取査定をする人も多いですので、
3月末・9月末に急に買い取り査定をお願いすると決算期を逃してしまう可能性もあります。

 

シーズン毎に人気になる車種

日本の季節が変わる毎に車のニーズも変わります。
そのニーズに合わせて車を売ると、シーズンオフ時よりも高い値段で売ることができるでしょう。

 

例えば冬。
冬は場所にもよりますが、雪道を走るという人も多いので雪道を走りやすい車のニーズが高まります。
その場合、4WDの車であったりスタッドレスタイヤ装着車の人気が集中し、買取額もアップします。
逆に夏ですとスタッドレスタイヤ装着車はタイヤ交換の必要が生じてくる可能性も出てくるため
その工賃やタイヤ代が含まれて、買取額も下がる可能性が高まります。
4WD車、スタッドレス車は冬シーズンに備えて9月末決算期に合わせて買い取りをしてもらいましょう。

 

春〜夏ですと特に地方に出た新卒者の生活の足として中古車はよく選択されます。
その中でも本体価格が安く維持費も安いコンパクトカー・軽自動車の人気は高いです。
なのでコンパクトカー・軽自動車を買い取ってもらいたいという方は
3月末の決算期に合わせて売ることができたら一番良いかもしれませんね!

 

車の乗り換えを検討している方は関係ありませんが車を手放すという方向で考えている方は、車は2月末までに売却を完了させましょう
3月に入って車を所有していると、車の重量税が課せられます。乗り換えで車の売却を行った場合は次の車で課税されるので関係ありませんが、車をもう所有しないという人にとってこの重量税は払う必要の無い税金ですよね。2月末までの買い取りですと決算期から離れているため少し買い取り額は落ちるかもしれませんが、重量税が課税される前に出払ってしまいましょう。