ローン残債があっても車の買取はできる?

ローン残債アリで買取してもらえるか

ローンで購入した車を事情により手放すことになりました。しかし残債があり、手放せるのか不安です。ローン残債があっても車は買い取ってもらえるのでしょうか。

条件によります。

 

例えば、ローン残債が50万円だったとします。そのような場合、

  • 手放す車の買取査定額が50万円以上→買取可能
  • 手放す車の買取査定額が50万円未満→買取不可の場合もある

という結果になります。

 

当然、買取額がローン残債以上であれば
その買取額でローンを支払うことができるので売買は自由です。

 

しかし50万円未満であれば買取額をそのまま当ててもまだローンが残ります。
購入時にカーローンを組んだ場合、大抵所有者はクレジット会社かディーラーとなります。
ローンを支払うことができれば所有権は自分に移って自由に売買ができますが、
ローンを支払うことが出来ない場合、
所有権はクレジット会社かディーラーのままなので自由に売却はできません。

 

なので、基本的にローンが残っている車を売る場合は、
なんとかローンを完済する方法しかありません。

ローン残債があっても車を手放す方法はありませんか?

車を売却するためには「ローンを完済」する必要があります。
しかし完済するだけの余裕が無い
という方は、ローンの組み換えしかありません。

 

他の所でローンを組み直し、購入時に組んだローンは一旦完済扱いにして、
そこでもう一度組んだローンを支払っていくという方法です。

 

ただし、このローンは金利が15%程度と高く、しかも書類手続きは複雑です。
あまりオススメはできませんが、他に方法が無いので仕方がありません。

簡単にローンを組み直す方法は?

車買い取り専門店一括査定で比較する事です。
まず、中古車買取の査定額を比較することで今持っている
買取額以上の買取額を出す業者が現れる可能性があります。
そうすればローンを組み直す必要も無く、コストはうんと下がります。
まずはローンを組み直さずに済む可能性を考えましょう。

 

それでもだめだったら、最も金利の安いローンを組んでくれて
かつ書類手続きも無料で全てやってくれるような業者を探しましょう。
一括査定なら複数の買取専門店の金利・手続き代行の料金も一度に比較できるので、
手間を掛けずにローンの組み換えもできますよ!

 

買取額を比較する