あなたのクルマを最も高く買い取ってもらう業者を探す方法と業者の評価・口コミ

車買い取り業者を選ぶ基準

車比較サイトで査定依頼を出したら6社も業者が来て、一気に値段を言われてしまいました。混乱してしまったので一旦帰ってもらったのですが、どこにすればいいのか分かりません。どのような基準で決めればよいのでしょうか?

価格で決めるのが一番。

 

なんといっても一番差が出て分かりやすいのが買取額ですから。
質問者の方にとって何が優先されるかがわからないのでなんとも言えませんが
買取額は高い方が良いに決まっています。
業者によって買取額は小さい時でも数万円、大きい時では数十万円異なります。

 

買い取り実例

車種・年式

大手買取業者A

大手買取業者B

大手買取業者C

マツダ デミオ・

6年落ち

50万円

42万円

42万円

スズキ Kei・

9年落ち

30万円

40万円

36万円

ニッサン スカイライン・

5年落ち

137万円

115万円

109万円

フォルクスワーゲン ゴルフ・

4年落ち

160万円

0万円

190万円

 

上記のように車買い取り業者の査定額は同じ車両・年式でもバラバラです。
他で何かひかれる要素があったとしても、
買取額が数十万円違えば高い業者を選ぶべきかと思います。

 

>>あわせて、「車の買取査定額を上げるコツ」もお読みください。

価格以外で違いが出る所はどういう所ですか?
代車サービス

買い取りをしてもらう理由の一つに「違う車に乗り換えるから」という事があります。
違う車に乗り換える場合、引き取ってもらってから次の車の納車まで時間が空くと不便です。
そのようなに代車サービスをしてくれる買取業者もあります。

 

大抵の場合、すぐの引き取りなら買取額が上乗せされるので、
上乗せしてもらいつつ代車を用意してもらえれば、不便は何もなく買取額にも満足出来ます。

 

代車サービスの有無を確認した上で、買取額の上乗せ交渉をしましょう。
この時、代車サービスが有料の場合もあります。無料か有料かもしっかり確認しておきましょう。

 

入金のタイミング

これはトラブルにもなり得るので買取額が高かろうと安かろうと実践するべきなのですが、
入金のタイミングが引取りの前か後かどちらが良いかと言われれば、絶対に引取り前の入金です。

 

稀ではありますが、査定が決まり引き取ってもらった後に
不具合が見つかったという理由で入金額が減額されることがあります。
このようなときに車両本体が手元にあると無いとで大きくこちらの勢いが変わるので、
必ず引き取りは入金後にしましょう。

 

営業マンの対応

買い取り業者選びの大きな動機になる一つがこの営業マンの対応です。
意外に思うかもしれませんが、いろんな所で
「買取額は一番じゃなかったけど営業マンの対応が良かったから決めてしまった」
という口コミを目にします。

 

やはり中古車買い取りは営業マンとのコミュニケーションが大事なので、
意外にも買取額や制度だけでなく、人の良さも動機になってしまうんですね。