査定額、20万円上げました

何も知らずにある中古車買取業者の査定を受けて、その価格で売却。

 

これではもったいない!
コツさえ抑えれば査定額は大幅に上がります。
私が以前車を売った時は、初めに出してもらった価格から最終的に査定額は20万円上がりました。

 

2005年式 トヨタ・プリウス 走行距離:7万km
一番初めの査定額=53万円 → 最終的な査定額=75万円

 

もちろん何もしなかったわけではなく、テクニックを使って車買取業者の査定額を上げました。
普通に売るのも楽ですけど、少しの手間で査定額が上がるかもしれないこのテクニック、
試してみる価値アリです!

買取査定を上げるテクニック

1.一括査定でクルマ買取業者の査定額を比較

 

当たり前かもしれませんが、一番査定額の高い業者を探すことが査定を上げる1つの方法です。
ちなみに、これが一番査定額を上げるポイントですので必読です!

 

しかし、車買い取り業者の買取額、実は業者によってバラバラです。数万円から数十万円はばらつきがあるため、たまたま査定してもらった業者の買取額が高くても、実は他の業者と比べるとかなり低かったなんてことも。(もちろん逆もありますが。)

 

そのようなときは業者同士の査定額比較し、最も査定額の高い車買い取り業者を探すことで査定を上げることができます。どの買取業者が高いかは普通分かりませんが、実際の査定額を見て比較することができれば一番条件の良い車買取業者を把握することができます。

 

その時は一括査定サービスを使う事をおすすめします。
高額査定を出すためには、なるべく多くの車買取業者から見積りをもらったほうが高額査定の可能性が高まりますが、すべての業者も普通に査定依頼していたらかなり手間がかかります。そのようなときに一度の入力で自動的に複数の業者に査定依頼が届く「一括査定サービス」を使うことで手間がだいぶ省けます。
私も使いましたがスムースに査定終了まで行くので手間はほとんどかかりませんでした。
一括査定の中でも有名なサービスですと「カービュー」や「ズバット」がありますが、
特にズバットは査定可能な業者が多く、査定額が上がる可能性も高く高額査定に期待できます!
もちろん査定は全て無料です。

>>ズバットの特長と高額査定の理由はこちら


以下は、小ネタ程度のテクニックですが最後の数万円アップにつながるポイントですので
こちらもあわせて読みましょう。

2.取り外した純正パーツは戻そう

ナビ、ホイール、ステアリング、オーディオ、エアロパーツ・・・
様々な自動車パーツが販売されていて、中にはメーカー純正品よりも機能が良いパーツもあります。

 

しかしそれらはあくまで現オーナーの趣味のひとつ。中古車市場においては「万人受けする車」が評価されるので、純正パーツの方が評価は高いのです。せっかくつけた社外製パーツですが、買取業者の査定時には外しましょう。

 

3.小さなキズは直す

査定において、ボディの傷はやはり査定ダウンの要因になります。小さなものから大きなものまでポイント制になっていて、その車の持つ素の価格からマイナスを足していく形で査定ダウンしていきます。そのため、大きな傷は難しいですができるものであれば傷を修復するほうが良いでしょう。

 

さすがにお金をかけて直すほどでは無いですが、自分でできる修復は自分でしておきましょう。

 

4.掃除して綺麗な状態で査定を受ける

小ネタ系では一番効果のある方法です。

 

次乗る人の身になってみて、前オーナーが大事に乗っていた車と粗暴に乗っていた車どちらに乗りたいでしょうか?
もちろん前者ですよね。前者の方が見た目がキレイですし、運転が丁寧であればパーツの耐久性もあり長持ちする可能性が高いです。つまりそちらの方が価値があるので査定額も上がります。

 

ボディの掃除はもちろん、車内はシートのお尻の部分に溝に溜まったゴミやホコリ、足元スペース周辺についてしまった足跡などは特に掃除しましょう。

 

私はこの4つをやって、査定額を上げました。いずれもお金をかけてやったことではありません。お手軽に実行できるものばかりなので、ぜひやってみてください!